時間足ごとにライン等のスタイルを自動的に変更する方法

チャートを開いてラインを引く、これは毎日の相場分析には欠かせないもの、という方も多いかと思います。
日足→4時間足→1時間足→15分足と、順番にラインを引いていき、分析されている方も多いことでしょう。長い時間足に引いたラインのほうが、比較的重要視されることが多いのではないでしょうか。
例えば1時間足で引いたラインは太く、15分足で引いたラインは細くしている、というように、時間足ごとにラインの太さや色を変更している方もいらっしゃると思います。今回は、時間足ごとにラインのスタイルを変更したい、そんな時に便利なインジケーターをご紹介致します。
今回ご紹介するのは、各時間足ごとに、ラインを引く際のスタイル(線幅、線種、色等)を自動設定できるインジケーター MTP_DefaultObjectStyle です。
MTP_DefaultObjectStyle を使用すると、現在MT4で使用できるすべてのオブジェクト(トレンドラインや水平線、三角形、矢印等)について、新しく引いた(描いた)時のスタイルを自動設定できます。
例えば、1時間足に引いたトレンドラインの色は赤く太さ2にして、5分足に引いたトレンドラインの色は黄色く太さ1にする、ということが簡単にできます。通常はこれを実践しようとすると、時間足を切り替えるたびにラインのスタイルを変更する必要がありますが、MTP_DefaultObjectStyle を使用すればその面倒から開放されます。

日々ラインを引いて分析されている方にはオススメのインジケーター「MTP_DefaultObjectStyle」をぜひお試し下さい。

応援クリックありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す