チャートのスクロール、通貨ペア、時間足を同期できるインジケーター

過去検証などでチャートをさかのぼって見ていく時、複数の時間足のチャートを開いたり、複数の通貨ペアのチャートを開いたりして、それらが同時にスクロールしてくれたら便利なのになあ、と考えたことはありませんか?
MT4自体にはそのような機能はありませんが、本日ご紹介するインジケーター「MTP_ChartSynchronizer」を使用すれば、スクロールの同期を簡単に実現できます。
MTP_ChartSynchronizer」の使い方は簡単で、同時にスクロールしたいチャート全てにインジケーターをセットするだけです。
初期設定の状態では、スクロールだけでなくインジケーターをセットしたすべてのチャートの横倍率(ローソク足の太さ)も同時に変更可能です。
また、設定を変更することにより、チャートの通貨ペアやチャートの時間足を同期することも可能で、一瞬ですべてのチャートの時間足を変更したり、チャートの通貨ペアをまとめて変更したりすることも可能です。

また、「MTP_ChartSynchronizer」には「同期グループ番号」というパラメーターがあります。このパラメーターにより、同期するチャートをグループ分けして様々な運用に対応可能となっています。

詳しくは、インジケーター紹介動画をご覧いただければと思います。

簡単にチャートのスクロールを同期でき、過去検証等に非常に便利なインジケーター「MTP_ChartSynchronizer」をぜひお試し下さい。

応援クリックありがとうございます  にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加