あなたがもしMT4のインジケーターを作ったことがなく、今後作ってみたいと思った時、どのようにして作り方を学びますか?
少しでもプログラミングを学んだことがある場合は、私のサイトのサイトマップの「MT4インジケーター開発」の項目を上からお読みいただければ、基本的な部分はご理解いただけるかもしれません。
しかし、文章だけで理解していただくのは大変難しく、プログラミング未経験者が理解するには十分とは言えません。
また、イチから独学で学ぶ事は、どこからどのように学べばよいのかわからない初学者には非常に難しいことだと思います。 「MQL4プログラミング初心者におすすめの講義」の続きを読む…

MT4のインジケーターやEAを作成するにあたって、絶対に理解して置かなければならないことに「配列」があります。なぜならほぼ必ずと言って良いほど「配列」を使用するからです。なんだか難しそうですが、使ってみるとそれほど難しくもありませんのでご安心下さい。
start関数を空にしたソースを準備しましたのでダウンロードしてお使いください。
start関数が空の TestIndicator
「配列の意味と使い方」の続きを読む…

私がプログラミングを勉強しはじめた頃、関数の作り方を覚えてから一気にプログラミングが楽しくなりました。関数の作り方を覚えると、以下の様なメリットがあったからです。

  • 同じ内容の処理があった場合、1つの関数にすると何回も同じ処理を書かなくて良い
  • ソースがシンプルになり読みやすくなる
  • ソースの修正が必要となった時、修正箇所を減らすことが出来る

関数を覚える前にごちゃごちゃと言いすぎてもよくわからないと思いますから、まずは関数がどの様な形式で表現されるのかを説明します。

以前にも関数の形式をご説明しましたが、その時は引数については記述しませんでした。引数は必要なければなくてもいいのです。
では実際にコードを書いて行きましょう。
start関数を空にしたソースを準備しましたのでダウンロードしてお使いください。
start関数が空の TestIndicator
「関数を作るメリットと関数の作り方」の続きを読む…

前回までは、MQLを学習する上で重要な制御構造について解説しました。
しかし、同じくらい重要な「データ型」についてはほとんど説明していませんでした。
今までに簡単に説明したのはstring型(文字列型)とint型(整数型)だけでしたね。
今回は、MQLで扱うことの出来るデータ型にはどのような物があるのかをご説明したいと思います。
start関数を空にしたソースを準備しましたのでダウンロードしてお使いください。
start関数が空の TestIndicator
「MQL4での変数の型の種類」の続きを読む…

今回は繰り返し処理をスキップするcontinue文について解説します。
今回も例によって前回作成したサンプルを改造して解説して行きたいと思います。
・前回作成したbreak文のサンプル TestIndicator
今回作成するのは次のようなインジケーターです。
TestIndicator_continue
“Hello MQL “に続けて行番号を出力します。ただし、4行目は出力しません。したがって全9行の出力となります。
「繰り返し処理をスキップするcontinue文」の続きを読む…