移動平均線(以降MAと言います)は、FXトレーダーなら誰もが知っていると言っても過言ではない一般的な指標の一つです。Excel等でもグラフを描画する際に分析ツールとして使用できますね。
MAについて色々と調べていると「MAの角度が横ばいの場合はレンジ相場である」とか、「急角度に上昇しているときは強い上昇トレンドである」とか、非常に曖昧な表現が出てきます。プログラミングをやっていると、こういう曖昧な表現がちょっと気になったりします。一体何度から何度の角度までが横ばいなの?とか(^_^;)
そこで、絶対的な角度の指標となるMAを開発しました。 「移動平均線(MA)の角度によって色分け表示可能なインジケーター」の続きを読む…

トレンドが出ている時、移動平均線まで戻して、それからトレンド方向に進んでいくということは多々あります。また、移動平均線から大きく乖離した場合、一旦移動平均線に向かって戻るような動きもよくありますね。
逆に、移動平均線から大きく乖離したタイミングでブレイク等が発生すると、その方向に一気に相場が進むこともあります。
今回は移動平均線に近づいた時、及び離れた時にアラートやメール通知等をしてくれるインジケーターをご紹介いたします。 「移動平均線(MA)に近づいたり離れたらアラートやメールで通知してくれるインジケーター」の続きを読む…

私のブログでは、インジケーターの説明で「擬似MTF(擬似マルチタイムフレーム)」という言葉が度々使用されています。ここでは、擬似MTFとは一体何なのか?通常のMTF(マルチタイムフレーム)とは何が違うのかをご説明いたします。
擬似MTFは通常のMTFとは違う考え方で作られているものです。ここでは、例として移動平均線の1時間足の状態を15分足チャートに表示する場合について簡単にご説明いたします。 「MTFインジとは違う擬似MTFインジとは?」の続きを読む…