メール通知にチャート画像を添付可能とするアプリを公開

MT4(MT5)内蔵のメール機能は外出時の相場監視には欠かせない大変便利なものですが、メール通知時にチャート画像を添付することが出来ません。しかし「MetaTrader Mail Manager」があれば、対応インジケーターでチャート画像の添付を可能にします!

また、外出先からいつでも自宅のMT4(MT5)のチャート画像を取得できる「チャートリクエスト機能」を搭載しています。「チャートリクエスト機能」に関してはこちらをご参照ください → 外出先から自宅のMT4のチャートをチェックする方法

MetaTrader Mail Manager は、完全にMT4(MT5)とは独立したアプリケーションです。MT4(MT5)のメール送信機能を強化し、チャート画像の添付機能、複数送信先アドレスへの配信機能を実装しています。
MetaTrader Mail Manager のメール送信機能を使用するように作成されたインジケーターを使用することにより、インジケーターがわでチャート画像添付メールを送信可能となります。

以下はMT4(MT5)内蔵のメール機能を使用した場合と MetaTrader Mail Manager を使用した場合の比較です。

通常のインジケーターは、MT4(MT5)内蔵のメール機能を使用してメール通知などの機能を実装しています。しかし、MT4(MT5)内蔵のメール機能にはファイルを添付する機能がないため、チャート画像を添付してメール通知することは出来ません。また、MT4(MT5)のメール設定では送信先メールアドレスが1つしか設定できず、すべてのインジケーターはそのアドレスへ通知メールを送信することになります。

これらの制限から解放されるために、インジケーターからのメール送信の指示を受け取り、チャート画像の添付が必要な場合はそれを添付した上でメール送信することが可能なアプリケーション MetaTrader Mail Manager を作成しました。

MetaTrader Mail Manager にメール送信の指示を出す際は、宛先メールアドレスも指定可能となっていますので、一つ一つのインジケーターがそれぞれ別々の宛先にメール通知をすることも可能となっています。

ただ、通常のメール通知を行うインジケーターが、修正なしでそのまま MetaTrader Mail Manager の機能を使えるようになるわけではありません。メール送信を MetaTrader Mail Manager に指示するよう、ソースファイル(*.mq4, *.mq5)の修正が必要です。既存のインジケーターで MetaTrader Mail Manager 対応化をご希望の方は、有料となりますがソース修正をご依頼ください。

現時点で MetaTrader Mail Manager と連携してチャート画像の添付メールを送信可能なインジケーターは以下の通りです。各インジケーター名称をクリックすると、それぞれの詳細ページに飛びます。

MTP_MailSend MetaTrader Mail Managerに同梱しているインジケーター。一定時間ごとの通知や定刻の通知などの機能を持っていますので、外出時に定期的にメールでチャート画像をチェックしたい場合に使えます。
MTP_PositionNotice EA使用時等にポジションを持ったタイミングや、決済したタイミングなどでメール通知が可能です。
MTP_LineAlerterUnify 水平線、垂直線、トレンドライン、角度によるトレンドラインとレートがタッチしたときに通知メールが送信可能です。
MTP_FiboColor_Alert このインジケーターをセットしておくだけで、通常のフィボナッチリトレースメントをレベルごとに色分けし、さらにラインタッチで通知メールが送信可能です。

メール通知時にチャート画像の添付を可能とするアプリケーション 「MetaTrader Mail Manager」をぜひお試し下さい。

応援クリックありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す