MT4で違う通貨ペア同士の相関関係を簡単に検証する方法

MT4で他通貨ペア同士の値動きを比較する場合、比較対象となる2枚のチャートをそれぞれ開いて別々にスクロールするしかありません。
これに対する一つの回答として、以前に公開した MTP_SyncScroll を使うとチャートのスクロールを同期して簡単に比較することは出来ました。
今回は、1枚のチャートで複数通貨ペアのローソク足を確認することができる MTP_SubWinCandle をご紹介いたします。

早速ですが、以下のチャートをご覧ください。
MTP_SubWinCandle_multi
メインウィンドウにEURUSDの通常のローソク足が表示されています。同じチャートのサブウィンドウに、上からEURJPY,AUDUSD,USDJPYと、メインウィンドウとは違う通貨ペアのローソク足が表示されています。MTP_SubWinCandle を使用すれば、このようなチャートが簡単に作れます。
ここでは通常のローソク足を表示していますが、パラメーターを変更するだけで平均足に切り替えて表示することも出来ます。
平均足の色だけなどという簡易的な表示ではなく、ローソク足の情報そのものを表示できますので、通貨ペア同士の相関関係をチェックする場合等は大変便利かと思います。当然、別の通貨ペアとは言っても同じチャートに表示されているわけですので、完璧に同時にスクロールされます。今まで気づかなかった事実が見えてくるかもしれません。

サブウィンドウに他通貨ペアのローソク足を表示可能な MTP_SubWinCandle をぜひお試し下さい。

応援クリックありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 為替ブログ MetaTraderへ

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す